• Edpuzzleへようこそ!

    Edpuzzleにお申し込みいただきまして誠にありがとうございます。一本毎の動画で生徒を惹きつけている何千人もの教師のコミュニティにご参加いただけることをとても嬉しく思います。Edpuzzleは、どんなビデオも授業動画にすることができる使いやすいプラットフォームです。クリックするだけで、他の教師が作成した授業動画を見つけることができます!これには形成的評価に使われる動画も含まれています。さらにクリックして、動画に独自の質問や音声を埋め込んでカスタマイズすることができます。そして、動画を生徒に割り当てた後は、生徒の学習分析データを見ることができます。この分析データでは、どの生徒が動画を見たか、どの生徒が授業内容を理解できていないか、またはよく出来ているかなどを、手間入らずで確認することができます。生徒は自分のペースで何度でも動画を見直すことができ、先生は先生用のアカウントから生徒の学習進捗を簡単に把握することができます。

    私たちは、先生方と生徒たちに関心を持っています!Edpuzzleは、テクノロジーが苦手な方にも簡単にご利用いただけます。当社のサポートチームが丁寧にお手伝いいたします。また、パワフルなものをお探しの場合も、Edpuzzleは柔軟性が高いので、数分で素晴らしい授業動画を作成することができます。生徒もきっと気に入ることでしょう!Edpuzzleの動画は視覚的で、インタラクティブで、そして、生徒が自分のペースで学習することを可能にします。

    先生がどのようにEdpuzzleを活用されるのかを楽しみにしています。ぜひ感想をお聞かせください!先生方のお声に耳を傾けることが、Edpuzzleをより良いものにし、皆様に愛されるプラットフォームを作るための最善の方法だと考えています。

    - Edpuzzle チーム

  • Edpuzzleはどのような仕組みですか?

     

    Edpuzzleを使えば、次の3ステップでどんな動画でもレッスンにすることができます:

      1. YouTubeで動画を探すか、自分でアップロードするか、他の先生が作成した授業動画を利用します。
      2. 次に、動画を編集してレッスンを作ります。あなたの声を録音してカスタマイズし、動画に問題を埋め込んで、生徒が自分で学習するように生徒に責任を持たせます。
      3. 動画を生徒に割り当て、生徒が自分のペースで学習している間、先生は学習データをリアルタイムで確認します。

    このように、とてもシンプルです!

    Edpuzzleを始めたばかりですか?ぜひ、こちらの無料Edpuzzle レベル1 初心者コースをご覧ください。

  • 保護者の同意を得る(テンプレートが含まれています)

    Edpuzzle はあらゆる年齢層の生徒が使用できます。ただし、州または地域の法律によっては、最初に保護者の同意を得ることが必要になる場合があります。次の記事*で、知っておく必要があるすべての情報をご覧ください。

    保護者の同意とは何ですか?

    プライバシー法および/または規制では、多くの場合、保護者 (または法定後見人) が子供の個人識別情報 (PII) が第三者に開示されることに同意するか、事前に通知を受けることを求めています。

    EdTechの分野では、これは、生徒が個人情報を Edpuzzleのような第三者に提供する前に、教師や学校が、保護者の同意を証明する必要があることを意味します。

    教師がEdpuzzleの利用規約プライバシー ポリシーに明示的に同意し、メール アドレスを確認しない限り、生徒を Edpuzzle の教室に招待することはできません。さらに、固有のクラス コードやリンクがなければ生徒のアカウントを作成することは不可能なため、Edpuzzleが収集を許可されるべきでないデータを収集することはありません。

    いつ保護者の同意を得る必要がありますか?

    原則として、保護者の同意は、州または地域の法律に応じて異なる年齢層に適用される場合があります。

    米国では、生徒のプライバシーは主に、連邦教育権利およびプライバシー法 (FERPA) と児童オンライン プライバシー保護法 (COPPA) という 2 つの連邦法によって管理されています。

    • FERPA は一般に、学校が保護者 (18 歳以上の場合は生徒) の書面による同意なしに生徒の教育記録から個人を特定できる情報を第三者に開示することを禁止しています。ただし、同時に、FERPA は学生の PII を同意なしに共有できる例外も認めています。これらの例外の 1 つは「学校公式例外」であり、学校は正当な教育的利益を持つ指定された学校関係者と生徒の PII を共有することができます。学校が従業員を使用して行うサービスを実行している第三者は、学校職員としてみなされます。学校は、FERPA に基づく権利に関する年次通知で、正当な教育的利益を持つ学校職員を構成する人物を定義します。
    • COPPA は、商用 Web サイト、オンライン ゲーム、モバイル アプリを使用する 13 歳未満の子供を保護します。学校には、生徒が利用するサービスが収集したデータを責任を持って取り扱うことを保証する義務がありますが、COPPA は最終的にはオンライン サービスの運営者に責任を負わせます。同時に、学校が学校で使用する教育目的で生徒から情報を収集するために Web サイト運営者を雇用した場合、COPPA は通常適用されません。このような場合、データが教育目的のみに使用される限り、必要に応じて学校 (個々の教師ではなく) が生徒に代わって同意を与えることができます。

    欧州連合と英国では、一般データ保護規則 (GDPR) により、子供の PII の処理は子供が 16 歳以上の場合にのみ合法であると規定されていますが、加盟国と署名国は13 歳未満でない限り年齢を引き下げることが認められています。現在、年齢制限は次のとおりです。

    • クロアチア、ドイツ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ルーマニア、スロバキア: 16 歳未満の未成年者。
    • フランス、チェコ共和国、ギリシャ、スロベニア: 15 歳未満の未成年者。
    • オーストリア、ブルガリア、キプロス、スペイン: 14 歳未満の未成年者。
    • ベルギー、デンマーク、エストニア、フィンランド、ラトビア、ポーランド、ポルトガル、スウェーデン、英国: 13 歳未満の未成年者。

    GDPR によれば、学校はデータ管理者とみなされ、生徒のデータが適切に処理されるようにする責任があります。つまり、EU/EEA の学校は、各加盟国の法律で定められた年齢制限に満たない児童からの PII を第三者サービスプロバイダーに開示する前に、保護者の同意を得る必要があります。

    カナダでは、個人情報保護および電子文書法 (PIPEDA) に従って、個人情報が収集される生徒が、同意する収集、使用、および開示の性質、目的、結果を理解すると期待することが合理的である場合にのみ同意が有効となります。カナダプライバシーコミッショナー事務局 (OPC) は、例外的な状況を除いて、これは 13 歳以上の者を意味するという立場をとっています。つまり、13 歳未満の子供の PII の開示は、事前に子供の保護者または法定後見人に許可されている必要があります。

    どこから入手できますか?

    IT 管理者 (または学校内のデータ保護の責任者) に連絡することが最初のステップです。あなたが学校に所属していない場合、または学校が保護者の同意に対処しないような場合は、あなたがEdpuzzle に招待するすべての生徒に対して保護者の同意を要求する必要があります。

    教師アカウントを登録する際にEdpuzzle の利用規約およびプライバシー ポリシーに同意することにより、必要に応じて保護者の同意を得るという自分の義務または教育機関の義務を理解したものとみなされます。

    親の同意が必要ない場合、または同意の取得が免除されている場合はどうなりますか?

    上記の年齢層の生徒に対して Edpuzzle を使用する予定がない場合、または保護者の同意が必要ない場合、または保護者の同意の取得に法的免除が適用される場合は、それ以上の対応は必要ありません。

    保護者同意許可書のテンプレート

    Edpuzzleは、米国または欧州連合/EEA の学校向けに、該当する場合、学校が保護者の同意を得るのに役立つテンプレートを提供します (この記事に添付されています: USA テンプレートおよびEU テンプレート)。 

    ただし、テンプレートに学校の連絡先や利用可能になるサービスに関する情報を加えたり、Edpuzzle の利用規約およびプライバシー ポリシーをテンプレートにて共有するなど、テンプレートの最適な使用方法を決定するのは学校の責任です。

    国やコミュニティが異なると、学校には異なる規制やアプローチがあり、Edpuzzleはあなたの学校に適用される法律の遵守についてアドバイスすることはできません。学校に要求される場合には、管轄区域の法律に準拠した方法で保護者の同意を取得する必要があります。

    保護者の同意についてご質問がありますか? support@edpuzzle.comまでお気軽にお問い合わせください。

     

    *ここで提供される情報は、法的アドバイスを構成するものではなく、またそれを意図するものでもありません。また、この記事で入手可能なすべての情報、コンテンツ、資料は一般的な情報提供のみを目的としており、最新の法的情報またはその他の情報を構成していない可能性があります。この記事をお読みになる方は、特定の法的問題に関してアドバイスを得るためには弁護士に連絡する必要があります。

  • 電子メール認証

    Edpuzzleをご利用いただく前に、お客様のメールアドレスを確認させていただきます。これにより、お客様がご本人であることを確認し、個人情報を安全に保管することができます。

    初めてEdpuzzleに登録される方へ

    Edpuzzleにご登録いただくと、認証メールが送信されます。メールアドレスを認証するには

      1. メール受信箱をチェックします。
      2. Edpuzzleの認証メールを開きます。
      3. 「Verify your email(メールを認証する)」のボタンまたはリンクをクリックしてください。
      4. 認証されたことを確認するウィンドウが開きます。
      5. 5分以内にメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダを確認してください。

    Edpuzzleに登録済みの方

      1. ページの上部に、メールアドレスの認証を求める青いバナーが表示されます。
      2. 認証メールを再送する必要がある場合は、「Send link(リンクを送信する)」をクリックしてください。
      3. メールの受信箱をチェックします。(Edpuzzleアカウントに使用したメールアドレス宛に送られます。)
      4. Edpuzzleの認証メールを開きます。
      5. 「Verify your email(メールを認証する)」のボタンまたはリンクをクリックしてください。
      6. 認証されたことを確認するウィンドウが開きます。
      7. 5分以内に認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダを確認してください。

    アカウント登録後または「リンクを送信する」をクリックしてから5分以内に認証メールが届かない場合は?

      1. まず、迷惑メールフォルダを確認してください。Outlookをお使いの場合は、隔離フォルダを確認してください
      2. フォルダにメールがない場合は、Edpuzzleのプロフィール(edpuzzle.com/profile)に戻ってください。
      3. アカウントに関連付けられたメールアドレスを、メール受信が可能な別のアドレスに変更してください。
      4. 青い「Send link(リンクを送信する)」ボタンをクリックしてください。5分以内にメールが届くはずです。
      5. それでもメールを受信できない場合は、学校がこれらのメッセージをフィルタリングしている可能性があります。学校のIT部門に、当社のメールアドレス(no-reply@edpuzzle.com)を許可し、Edpuzzleが正しく動作するのを妨げる可能性のあるフィルターを解除してもらう必要があります。この問題を解決するために、セットアップに関するテクニカルな問題の記事をIT管理者に送ってください。
      6. これらの手順が完了したら、ページ上部の青いバナーにある「Verify your email(メールを認証する)」をクリックしてください。
      7. メールを開き、「Verify your email(メールを認証する)」のボタンをクリックすれば完了です!

    メールアドレスを更新すると、そのメールアドレスがEdpuzzleの新しいログインメールアドレスになります。

    次のような理由から、メールアドレスの認証をお願いしています:

      1. 本人確認のため
      2. アカウントにアクセスできなくなった場合の復旧のため
      3. アカウントの変更に関してカスタマーサポートに連絡するため
      4. お客様のメールアドレスを使用しているのがお客様だけであることを確認するため

     

  • Edpuzzleのアクセシビリティ(学習支援) VPAT 2.0

    まず、アクセシビリティとは何でしょうか?Edpuzzleにとって、どのような意味があるのでしょうか?

    アクセシビリティという用語は、一般に、障害を抱える方のための製品、デバイス、サービス、または環境の設計を指す場合に使用されます。簡単に言うと、アクセシビリティとは、すべての人が、その人の状態に関係なく、特定の製品やデバイスを使用したり、特定の場所やサービスにアクセスできることを保証するものです。

    Edpuzzleでは、国連の障害者権利条約で認められている情報通信技術にアクセスする権利を重視しています。具体的には、すべての人が当社のサービスにアクセスすることができ、特に、ユーザーが当社のサービスを認識、理解し、ナビゲートし、操作し、貢献することができるよう努力しています。

    その点において、Edpuzzleのアクセシビリティに対する義務は、米国508条やWGAC 2.0 (ISO/IEC 40500)などの主要な世界的アクセシビリティ基準に基づいています。この記事には、米国508条およびWGAC 2.0 (ISO/IEC 40500)に従い、Edpuzzleのサービスがどの程度アクセシブルであるかを評価したVoluntary Product Accessibility Template (VPAT)が添付されています。

    EdpuzzleのVPATに関するご質問やご意見、その他サービスのアクセシビリティに関するお問い合わせがございましたら、ぜひsupport@edpuzzle.com までお気軽にお問い合わせいただければ幸いです。

  • アカウント作成方法

    Edpuzzleを使って好奇心を刺激する授業動画を作成するには、アカウントを作成する必要があります。まだアカウントをお持ちでない方は、以下の簡単なステップに従ってアカウントを作成してください。

      1. 青い「Sign up(サインアップ)」ボタンをクリックし、「I'm a teacher(教師アカウント)」ボタンをクリックします。
      2. Googleアカウントを使用する、Microsoftアカウントを使用する、または氏名、メールアドレスを入力して、パスワードを作成するかの3つのオプションがあります。
      3. 最新の情報を得るために、アカウントやEdpuzzleの改善に関するお知らせを受け取るオプションを選択することをお勧めします。
      4. 受信箱(および迷惑メールフォルダ)で認証メールを確認してください。これでEdpuzzleのすべての機能にアクセスできるようになります。

    これでアカウント作成が完了です!どうぞ素晴らしい授業動画を作成してください!

  • 学校とクラスの選択

    アカウント作成後は、簡単に学校や学部と接続することができます。

    プロンプトが表示されたら、検索フィールドに学校名を入力し、ドロップダウンリストから該当する学校名を選択します。

    検索しても学校が見つからない場合は、ポップアップウィンドウの下部にある「Add my school or organization(学校または組織を追加する)」をクリックして学校名を入力します。市都道府県名および市町村名を入力したら、 「Add school(学校を追加)」をクリックします。

    学校を選択したら、学年とクラス(教科)を選択します。

    これで、動画を探す準備ができました!

     

    注意: プロフィールの「学校」タブから、学校、学年、クラス(教科)をいつでも変更できます。